HOME > 商品紹介 > モイストローション モイスト

モイストローション モイスト商品画像

モイストローション モイスト <しっとり化粧水>

まるで美容液のような濃厚でとろみのある使用感。

肌表面と奥からのダブル保湿を採用。
油溶性成分をバランス良く配合することで、じっくりと肌に浸透し、後肌は充実したうるおい感に包まれます。ふっくらやわらかな肌へ。

モイストローション モイスト<しっとり化粧水>
150mL

8,000円(税抜)

モイストローションのご購入はこちら

モイストローション お客さまからの声  よくある質問

雑誌掲載! S Cawaii! 乾燥肌を救うオリジナルスキンケア 乾燥、しわが特に気になる日にはリンパマッサージをしながらケアしてます。翌朝にはむくみも取れてプルプル

製品特徴

  • しっとりと、肌に溶け込むような感触が心地よい化粧水です。
  • 皮ふの内側※3に働きかけ、肌に豊かなうるおいをもたらしながら、肌本来の持つみずみずしさを与え、ふっくらとハリのあるしなやかな肌を保ちます。
  • 年齢とともに乾きがちな肌を、うるおいヴェールで保護。きめの整ったすこやかな肌を育みます。
  • 気分がリラックスする、心地よいローズ系フローラルの香りです。

※3 角質層の最深部をさします。


特徴成分

洗顔後のバージンスキンに、新鮮なうるおいをたっぷりと与えます。

うるおいケア [ 保湿成分 ] ビタミンB6誘導体(トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン)
[ 保湿成分 ] ヒアルロン酸誘導体(アセチルヒアルロン酸Na)
肌荒れケア※1 [ 整肌成分/製品の酸化防止 ] ビタミンEコンプレックス(トコフェロール/トコトリエノール)
[ 皮ふコンディショニング成分 ] ポリクオタニウム-51
※1 肌荒れ防止効果をさします。
ブライトケア※2 [ 皮ふコンディショニング成分 ] カンゾウ根エキス
※2 肌にツヤを与える効果をさします。
効果イメージ:モイストローション

ビタミンEコンプレックス

ビタミンEよりも細胞膜への浸透度が高い、「トコトリエノール(別名:スーパービタミンE)」と、酸素の利用効率を高める成分「トコフェノール」の2つを複合しています。

ビタミンB6誘導体

皮膚の内側に働きかけ、ヒトが生まれつき持っている保湿成分(NMF)の前駆体を増加させます。この前駆体が角質層でアミノ酸となり、肌の内部から保湿する効果をもたらします。

ヒアルロン酸誘導体

誘導体化することで、より肌に密着するヒアルロン酸の配合を実現。 本来のヒアルロン酸に比べ、肌への吸着力・保湿機能が約2倍にもアップしました。

カンゾウ根エキス

カンゾウ根エキスにはグリチルリチンが含まれていることから、消炎作用や抗炎症作用、抗アレルギーなどの効果があるとされています。


お手入れ方法

使用量 : 1回 3プッシュ(2mL目安)

  • 朝・夜、洗顔後の整えた肌にご使用ください。
  • コットン、または手のひらに適量を取り、やさしくパッティングし、ていねいになじませます。

モイストローションを手でご使用の場合

モイストローションを手でご使用の場合のイメージ

  1. 1mLを手のひらにひろげ、顔の内側から外側へやさしく円を描くようにていねいになじませていきます。
  2. なじみ始めたら、両方の手のひらで顔全体をつつみこむようにして、さらによくなじませてください。
  3. もう一度、手のひらに半分量1プッシュを取り、同じように肌になじませます。

モイストローションをコットンでご使用の場合

モイストローションをコットンでご使用の場合のイメージ

1回の使用量2~3プッシュをコットンに含ませ、コットンを肌にフィットさせながら、肌の中心から外側へ大きくゆっくり円を描くようにていねいになじませます。このダブルケアにより、成分がより深く肌に働きかけ、高い効果を得られます。

乾燥が気になる時は、市販のフェイスマスクにたっぷりとしみこませ、10~15分肌の上にのせておくと、見違えるほどしっとりした、つや肌に。


成分表示

全成分
水、グリセリン、BG、DPG、エタノール、ベタイン、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、トコトリエノール、アセチルヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、トコフェロール、カンゾウ根エキス、PPG-4セテス-20、ヒドロキシエチルセルロース、乳酸Na、乳酸、メチルパラベン、香料

このページの一番上へ